刺激をマイルドにすることが黒ずみ改善につながる

黒さを解決する為に洗浄時の刺激をマイルドにする

デリケートゾーンに対する洗浄方法は、とても大切なポイントです。
色彩に関する問題が生じる事もあるからです。
結論を申し上げると、むやみに強い刺激を与えない方が良いです。
それが原因で黒ずみが生じてしまうケースもありますから、ソフトタッチが望ましい訳です。

刺激でのメラニン色素の生成を避ける

爪を立てるイメージ
そもそも無闇な刺激は、やはりデリケートゾーン付近の器官を刺激してしまう傾向があります。
それで数ある器官の中には、メラニン色素を生成する働きもある訳です。
それが色を黒々と変化させてしまうケースも、決して珍しくありません。
それで人によっては、洗う時に無闇に刺激を与えてしまっています。
少なくとも爪を立てる事だけは、避けた方が良いでしょう。
デリケートゾーンに対して大きな刺激が加わってしまえば、どうしても黒くなってしまう確率が高まります。

ボディサイズにあった肌に良い下着を着る

黒ずみの原因を考える女性
デリケートゾーンの黒ずみは、下着が影響します。
ショーツの足ぐり部分にゴムが入ったデザインはVゾーンが擦れやすくなるので、全体に収縮する素材でできていて、足ぐり部分がレースなどより柔らかな素材になっていると肌に負担がかかりにくく安心です。
ガードルはロングタイプの方がVラインの摩擦が少ないです。
締めつけすぎたり、ボディラインの補正機能が優先された下着は肌の角質を厚くし、逆にサイズが大きすぎて下着がボデイにフィットしないため、体が動くたびに下着と肌がすれ合います。
その刺激で黒ずみの原因となりやすいので、気をつけて選ぶことが大切です。

デリケートゾーンの黒ずみのセルフケアに関する詳しいエピソードはこちら

デリケートゾーンの黒ずみ対策に本気!人気ケアグッズランキング!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*