普段から気をつけたい、デリケートゾーン

普段から気をつけたい、デリケートゾーン

日頃から、デリケートゾーンの黒ずみは気になるけれど、普段のケアや原因については、知らないという方が多いと思います。

他人に相談しにくい問題

ひとりで悩んでる女性
他人には、なかなか相談する事ができない部位なだけに、解決できずひとり悩んでしまっているのではないでしょうか。
肌の黒ずみの原因は、妊娠や出産、加齢によるターンオーバーの低下以外の殆どは、肌の摩擦やダメージによるものです。
その中でも特にデリケートゾーンは、まぶたよりも皮膚が薄いので、他の部位に比べ最も黒ずみやすい部位です。
下着やショーツによる刺激が毎日重なる事で、黒ずみになってしまいます。
そのため、下着のゴムが毎日あたる腰回りや、脚の付け根のVラインが、黒ずみになってしまっている方も多いのではないでしょうか。

原因を知ってケアしていく事が大切

入浴中の女性
せまいショーツや、下着のゴムで圧迫された皮膚は、外部から過度な刺激を受けていると思い、肌を守ろうとして黒ずみの原因となるメラニンの生成を活発にし、肌が赤くなって表面に表れます。
殆どの方は、無意識に肌の摩擦や締め付けを繰り返し起こし、自然とメラニンの生成がさらに活発になります。
そして、肌のターンオーバー(新陳代謝)が乱れてしまい、徐々に肌に黒ずみとなって表れてきます。
また、デリケートゾーンを清潔にしたいという思いから、ついつい念入りに洗ってしまい、それが摩擦や肌への刺激になり、黒ずみの原因となる事も少なくありません。
洗いすぎは、皮膚に必要な菌まで流してしまい、肌の自浄作用が弱まり、黒ずみだけでなくニオイの原因にもなってしまいます。
デリケートゾーンの黒ずみの発生や悪化は、日頃から下着や外部の摩擦や刺激から肌を守り、ケアしていく事がとても大切です。

デリケートゾーンの黒ずみ対策には!!人気商品ランキングTOPへ!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*