デリケートゾーンの黒ずみの原因は下着!素材が大事!

デリケートゾーンの黒ずみの原因は下着!素材が大事!

本来は、デリケートゾーンはお肌が薄っぺらくて揉め事を惹起しやすいため、色素沈着を惹起しやすいパーツです。
人種やスキンタイプにより黒ずみやすい人もいます。

毎日のお手入れによって改善は可能でも、純粋無垢な白い肌にはとても無理です。
黒ずんでしまう理由は色々とありますが、下着による物理的圧迫が大きな原因と言えます。

下着が不適切でできてしまう黒ずみ

女性の下着
そもそも女性が着用する衣類などは、ジャストフィットしているか否かはとても大切なのです。
不適切サイズな下着ですと、色に関する問題も生じやすくなってしまいます。
というのも不適切なサイズでは、摩擦が強くなる事は明らかです。
それでデリケートゾーンに過度な刺激が生じて、黒ずんでしまうケースがしばしばあります。
また無闇に圧迫されてしまいますと、メラニン色素が多く生成される傾向があります。当然メラニン色素は、黒さと密接な関係があるでしょう。
圧迫感によって色素生成に関する器官が刺激され、黒ずみが生じてしまうケースも珍しくありません。
デリケートゾーンの肌は、他の部分より肌が薄く、弱いのです。
さらに、メラニンの活動量が、他の部分より活発なので色素沈着しやすいのです。
デリケートゾーンは、入浴時以外、ショーツが常に触れている状態なので、悪条件が重なり、黒ずみができてしまいやすいのですね。

下着選定が非常に大切なポイント

下着を履く女性
女性によっては、自分が着用している下着があまり不適切でないという点に心当たりがあるでしょう。
ややきつすぎると思われるなら、別の衣類にチェンジする事を検討した方が良いです。
なおチェンジ後の素材なども大切なポイントです。
あまり摩擦が強くない綿やシルク等の素材が推奨されるでしょう。
素材による摩擦も、黒ずみが生じる要因になるからです。
そのため、ショーツ選びが重要です。
まず、サイズをチェックしましょう。
小さめのサイズだと、締めつけが強く、黒ずみができやすい状態になってしまいます。
そして、ショーツ選びで、一番に気をつけたいのが、「素材」です。
どうしても、見た目や値段で選びがちですが、素材を一番に考えて下着を選ぶべきです。

一番のオススメが、「シルク」

シルクのイメージ
シルクは、人間の肌に近いタンパク質でできているため、スベスベで肌触りもよく、他の素材より摩擦が少ないのです。
肌を傷つけずに守ってくれるのですね。
シルクは、光沢があるから、通気が悪く、蒸れそうなイメージをもっていませんか?
それは、大きな間違いです。
シルクは、蚕の繭からできています。
幼虫を育てるため、繭の中を一定の温度、湿度に保つ働きがあります。
そのため、シルクは、吸湿性も保温性も優れているのです。
シルクは、ショーツとして最適な素材と言ってもよいでしょう。
他にも、黒ずみを薄くする方法として、市販の美白クリームや、美容皮膚科での治療などもあります。
しかし、合わないショーツのままだと、どんな高価なクリームや治療も、効果が半減してしまいます。
まず、ショーツから見直してみませんか?

デリケートゾーンの黒ずみ対策をするには!人気商品ランキングトップへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*