部分によって黒ずみの原因は違う

良くある黒ずむデリケートゾーン

女性なら1度は誰でも気になるデリケートゾーンの黒ずみ。
正直、手入れをしてもなかなか黒ずみがなくならず、解消方法をいくつも試されている人が多いはず。
実はこのデリケートゾーンの黒ずみ、場所によって原因がわかれているんです。

Vライン

女性のVライン
夏になると、水着などを着るのに手入れをする女性が多い場所です。
このVラインは脱毛サロンやセルフ処理をする事が多く、念入りに手入れをしている場所でもあります。
しかし、それが原因になっているのです。
デリケートゾーンは名前の通り、デリケート、つまり繊細です。
その場所に幾度もカミソリやレーザー脱毛などを繰り返し、さらに臭い対策のために洗いすぎることが原因の色素沈着です。
その色素沈着はメラニン色素です。
このメラニン、紫外線を浴びるとよく出来るシミでお馴染みのものです。
メラニンは刺激によって増えていきます。
なので、脱毛やカミソリ、洗いすぎといった刺激で紫外線の当たらない場所でさえも刺激によって、黒ずみが加速されます。
なるべく自己処理をするのをやめて、脱毛サロンに通ってプロの技術に任せましょう。

性器部分、Iライン

Iラインを隠す女性
Vラインと違い、Iラインは手入れをするいうイメージはありません。
ではなぜ、黒ずむのか。これは、女性の生理によるものです。
オリモノや生理出血による汚れによる、皮膚の炎症です。
確かにナフキンやタンポンを使い、こまめに清潔に保つように心がけている方が多いです。
しかし、排出されているオリモノや生理出血は様々な成分を含んでいます。
オリモノは少し粘り気があります。
デリケートゾーンはとても繊細だと以前述べましたが、そんな繊細な場所をまだ強く洗いすぎたり、痒みがあって掻いてしまうなんてことはないでしょうか。
炎症からの刺激や、洗い不足、過度の洗い、こういった日常生活の中で行いがちな行為が黒ずみの原因になっているのです。

デリケートゾーンの黒ずみ対策!!オススメ商品ランキングトップ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*