肌へのダメージは黒ずみの大敵

デリケートゾーンの黒ずみ解消方法

デリケートゾーンの黒ずみは、かなり深刻だと感じられる事も多いです。
確かに気になる箇所ですから、何とか黒ずみを解決したいと思う事はあるでしょう。
まず、黒ずみにはいくつか原因があります。
肌に直接関係するものから、身体の内面から影響するものまで有ります。
皮膚のメカニズムをきちんと理解する事で黒ずみを原因を把握する事が出来ます。

摩擦によるもの

摩擦を起こすデニムを履く女性
人間の皮膜は刺戟を受けると黒ずみの誘因の「メラニン」を生成します。
メラニンが生み出されることにより、肌膚細胞の中枢に存在するシストロンを保守し、皮膜が癌化するのを防止してくれます。
デリケートゾーンは入浴している時以外は常に下着とくっついている状態なので、擦れて摩擦を起こすことによって黒ずみができてしまいます。
また、この摩擦が何度も起こることでメラニンが過剰に生成されるため、更に黒ずみを悪化させることになってしまうのです。
肌が刺激を受けて、それを保護するためにメラニン色素を出し、その結果として黒ずみへつながってしまうということが言えます。

皮膚が薄く刺激に弱い

運動する女性
デリケートゾーンの皮膚は他の部位より薄く特に薄いのが陰部付近です。
運動をしたり歩行するだけでもデリケートゾーンは摩擦して刺激を受けています。
体の中で最も摩擦を起こして刺激を受けやすい部位でもあって黒ずみが出来てしまう事もよくあります。
原因のひとつに加齢による老化もありますが、主な原因は摩擦による刺激なので普段からデリケートゾーンのお手入れはしっかりして摩擦を最小限に抑えなければなりません。
デリケートゾーンは臭いも気になるので清潔にしておくというのが常に頭の中にあるせいか、タオルなどでこすりながら念入りに洗う事が多いですがこすってしまうと当然刺激を与える事になってしまいます。
特にデリケートゾーンの皮膚は薄くて敏感なので毎日こすりながら洗っていると黒ずみが出来てしまいます。
洗い方はボディソープをしっかり泡立てて優しく丁寧に洗うようにしましょう。

肌障害による色素沈着

肌障害がある女性
尻臀には面皰や毛嚢炎、腫れものなど多種多様なざ瘡が生じることがあります。
それらが自然治癒しようとする際、痕が残り色素沈着になる危険性があります。
アレルギー反応や化繊による膚荒れで皮膜を引掻いた際にも、色素沈着が生じやすくなります。
太陽光のもとでサンバーンすると、肌の防衛本能によりメラニンが生成され、黒ずみが惹起してしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみの原因に関する詳しいエピソードはこちら

デリケートゾーンの黒ずみ対策はこちら!人気商品ランキングTOPへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*