体の洗い方改善で黒ずみを予防

デリケートゾーンの黒ずみは3つの方法で予防できる

デリケートゾーンを洗う時は、きれいにしたいと思ったりニオイが気になったりという考えから、ついつい力を入れたりゴシゴシとこすったりしがちです。
しかしこの摩擦も黒ずみの原因になるので注意が必要です。

肌への刺激が少ない方法でデリケートゾーンを洗浄

優しく力を入れずに洗うイメージ
デリケートゾーンを洗浄するにはやはり専用ソープを使用して洗浄するのがおすすめですが、普段使用しているソープでも洗い方次第では黒ずみ予防にとても効果があります。
肌に優しい成分の石鹸やボディソープをよく泡立てて、指でそっと洗うようにしましょう。
デリケートゾーンに優しい自然素材の石鹸や弱酸性のボディソープを使って、爪を立てないように気をつけながら、優しく力を入れずに洗うことと、洗った後は十分に洗い流すことが大切です。
肌に洗浄成分が残っていると皮膚への刺激となってしまいます。

洗う時の指の本数

女性のデリケートゾーン
また洗う時の指の本数なども、実は大きなポイントになります。
あまり指の本数が多いと、デリケートゾーンに対する刺激も強めになってしまいます。
上記でも少し触れた通り、ソフトタッチがポイントになってくる訳です。
基本的には指2本や3本くらいにとどめる方が良いでしょう。
それで刺激を重視する訳ですから、洗浄時にはあまり強い刺激が生じる石鹸も避けた方が良いです。
市販の洗浄剤の中には、比較的マイルドなタイプが見られます。
あまり多くの刺激が発生しない洗浄剤がありますから、それにチェンジしてみるだけでも、黒ずみ解消率は大幅に高まるでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみ対策!オススメ商品ランキングはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*