日頃の摩擦軽減でできる黒ずみ予防

デリケートゾーンの黒ずみは予防から

摩擦を防いで肌への刺激を抑えます。
陰部やバストトップ脇の下などのデリケートゾーンは、特にメラニン色素の生成が活発な所で、メラニン色素は紫外線だけでなく、強い刺激によっても活性化され、黒ずみの原因になります。

また、摩擦により肌が乾燥してしまうとともに、皮膚を保護するために角質が厚く変化することで、ターンオーバー機能が乱れてメラニンの排泄がうまくいかずに黒ずみが進んでしまうのです。

摩擦を軽減して色素沈着

下着を履く女性
シルクや綿などの素材は保湿効果があることと、皮膚への刺激が比較的少ないのでおすすめです。
下着と擦れたり、座っている時の擦れ、圧力などの刺激により色素沈着が発生します。
ナプキン、トイレットペーパーなどの刺激を受け、刺激を受けた皮膚は皮膚を守ろうとし、色素沈着のもとであるメラニンを生成し、これが色素沈着になってしまいます。
紫外線、刺激等に気をつけてデリケートゾーンの黒ずみの予防をすることが大切です。
特に、締め付けのきつい下着やナイロン製の下着、お風呂でゴシゴシ洗うのは禁物です。
摩擦により発生した色素沈着は色素が定着しているので改善に時間がかかります。
座る時間を短くしたり、下着は肌触りがよい天然素材のものを選ぶ
など、なるべく摩擦による刺激を避けるようにしましょう。
洗い方にも注意が必要で、清潔にしたいがために洗い過ぎないようにします。

生理中のナプキンはこまめに取り替える

女性の生理用ナプキン
生理中のナプキンが原因でデリケートゾーンが黒ずむことがあります。
黒ずみを防ぐには、生理中ナプキンが汚れが目立っていなくてもこまめにかえることが必要です。
最近は肌への優しさを考慮したナプキンもあるし綿100%の布ナプキンがあり、かぶれ、黒ずみ肌にもやさしい肌触りです。

トイレ時の刺激に注意

トイレで用をたす女性
これら以外にも、日常生活の中で刺激や摩擦の原因になる生活習慣があります。
例えば、トイレの後にトイレットペーパーでゴシゴシと擦らないことや生理の時にはナプキンをマメに替えて清潔に保つこと。
デリケートゾーンには敏感な粘膜もあるので、吸湿性のよい柔らかなペーパーでこすらずに抑えるように拭くように心がけることが大切です。
デリケートゾーンの黒ずみの原因を知り生活を見直すことで、予防そしてケアしていきましょう。

長時間の歩行は避ける

長い時間歩いている女性
歩く時はデリケートゾーンに摩擦が起きて刺激を与えてしまいます。
そのため長い時間歩いているとその分刺激も多くなるのでメラニンが多く分泌してしまいます。
メラニンが多く分泌してしまうとやがて黒ずみになってしまう可能性があります。
歩くのは健康にいいのですがあまり長く歩かないようする方がいいでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみ対策!商品人気ランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*