デリケートゾーンの黒ずみ対策ナビ〜オススメ商品ランキング〜

更新情報:2017.2.24 11:20 更新

デリケートゾーンの黒ずみの悩み、一人で抱えていませんか?

ショックを受ける女性

アンダーヘア脱毛をする女性が増えている現在、今まで気づかなかったデリケートゾーンの黒ずみにショックを受ける方も多いのではないでしょうか?
普段人には見えない部分ですが、肌の露出が多いシーズンや、大好きな彼とのお泊まりなど、意外に気になる場面も多いですよね。
しかしデリケートなトラブルなので、なかなか人には言えないし、かといってお医者さんに診せるのも恥ずかしいし金銭的にも厳しい…。
自分で黒ずみ対策をしたいものの、実際どのような対策をとったらいいかわからない方も多いのではないでしょうか?
デリケートゾーンの黒ずみは解消できる
そこでこのサイトでは、デリケートゾーンの黒ずみの対策にオススメの商品を、人気ランキングにまとめて紹介したいと思います。
もう悩まない!!あなたの黒ずみ対策にぜひ役立ててみてください♪

デリケートゾーンの黒ずみ対策にオススメ!人気ケアグッズランキング

イビサクリーム

イビサクリーム

イビサクリームでデリケートゾーンの黒ずみ対策

このクリームは悩める女の子のデリケートゾーンの黒ずみを対策してくれるアイテムです。
デリケートゾーン美白ケア、顧客満足度なんと96%でトップになった、日本で製造、無添加、医薬部外品で安心なイサビクリームです。
デリケートゾーンの他に肘や膝のメラニンを含んだ古い角質のシミ対策にも使えます。今日本で1番の人気です。
スキンケア大学でも掲載されデリケートゾーンの黒ずみ対策おすすめコスメとして紹介されています。
美白専門誌を始め、女性週刊誌とメディアからも高評価されました、なぜ黒ずみができるのか4つの原因があるのです。
1.自己流のお手入れ、剃刀と肌に合わないボディーソープによる肌トラブルでメラニンを発生させ、色素沈着を起こします。
2.サロンやクリニックでの(フラッシュ光)での脱毛レーザーは火傷を起こし黒ずみを作ります。
3.摩擦による刺激、トイレットペーパー、下着などのトラブルからのメラニン色素の沈着など
4.ホルモンバランスの乱れ、ターンオーバーの乱れにより古い角質を排出できなくなるなどです。
イサビクリームは、この様な肌ダメージを受けた状態からの肌美白専門ケアなのです。メラニンの生成を抑え、潤い成分をたっぷりと与えてくれます。
イサビクリームには2つの成分が配合されています。
1つはトラネキサム酸(黒ずみを薄くして美白へ)グリチルリチン(肌荒れを防止、角質を整える)など、ほかにも生薬8種類を配合されて肌サイクルをサポートし理想のターンオーバーを目指しています。
価格は初回7000円が4970円とお得になっています。
さらに500円引きで、4470円と嬉しいサービスも付いています。
60日間、全額返金制度も付いています。
アフターケアも万全なので安心できるので安心して黒ずみの対策を行えます。

イサビクリームの口コミ情報はこちら

イサビクリーム公式サイト

ハーバルラビット

ハーバルラビット

効果絶大と口コミ話題の黒ずみケアクリーム

ハーバルラビットは、モデルさんをはじめ、多くの女性の方に愛用されているデリケートゾーン専用の黒ずみケアクリームです。
このクリームは、黒ずみの正体であるメラニン色素の沈着を抑制する作用を持つ、水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K、ビタミンC誘導体、米ぬかエキスといった4種類の美白成分を贅沢に配合しています。
そのため、朝晩の1日2回の使用を継続していくうちに、透明感のあるお肌を取り戻すことができます。

また、トリプルヒアルロン酸、トレハロース、セラミド、コラーゲンといった最高級の潤い成分を配合しているため、黒ずみの予防にも効果的です。
そして、敏感肌の人も安心して使用できるよう、石油系界面活性剤、着色料、アルコール、シリコンといった添加物は一切使用しておりません。

商品パッケージは、化粧品にしか見えないよう工夫されており、商品発送の際の梱包も商品を記載しないので、家族や彼にも気づかれたくない方にもオススメです。
初めての方も安心して使用できるよう『全額返金保証制度』を設けているのも、この商品の魅力の一つです。

ハーバルラビットの口コミ情報へ

ハーバルラビット公式サイト

ヴィエルホワイト

ヴィエルホワイト

ヴィエルホワイトのおすすめ理由

ヴィエルホワイトは、デリケートゾーンにできた黒ずみの対策に効果を期待できる商品です。
デリケートゾーンは下着との摩擦などによって非常に黒ずみができやすく、また、一度できてしまうとなかなか元の状態に戻すのは困難な部位とされていますが、このヴィエルホワイトを使うときれいな肌色に戻すことも夢ではありません。
ヴィエルホワイトは、デリケートゾーンにできた黒ずみの対策として非常に効果の高い美白エッセンスなので、黒ずみを薄くしてくれ、更には美白になる効果まで期待することができます。
また、初回に限り半額の4,980円で購入することができ、送料も無料なので非常にありがたいと言えます。
そしてデリケートゾーンは、腕や足などの皮膚とは違ってとても薄いという特徴があるため、黒ずみもその分できやすいということが言えます。
ですから、デリケートゾーンにできた黒ずみ対策には普通に売られている美白クリームなどを塗るよりも、それ専用に開発されたヴィエルホワイトを使用した方が良いと言えます。
美白効果に加えて黒ずみの原因となる乾燥も防いでくれるため、できてしまった黒ずみだけではなく、黒ずみ対策としても使うことができます。
また、このヴィエルホワイトはクリームタイプではなくジェルエッセンスになるので、ベタベタした嫌な感じを受けずにサッと塗れて、黒ずみ対策の成分をより深くまで浸透させることができます。
そして朝と晩の1日2回黒ずみに塗るだけなのでそんなに時間もかかりませんし、デリケートゾーン以外の部位の黒ずみ対策にも使えるので、とても便利だと言えます。

ヴィエルホワイトの口コミ情報へ

ヴィエルホワイト公式サイト

ピューレパール

ピューレパール

ピューレパール、定期購入でさらにお得

今回は最近、人気の黒ずみ対策製品を紹介します。
ピューレパールという、黒ずみ対策用クリームです。
ピューレパールは、黒ずみ対策の効果だけでなく美肌効果も高いことで有名です。
また日本製・自社国内工場での製造で、品質管理もしっかりしているそうです。
しかも無添加・低刺激で、お肌が敏感めの人も安心して使えます。
合成香料・着色料・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・シリコン等を全く不使用です。
こんな安心感も、人気の理由です。
使い方も簡単で、オールインワンジェル同様です。
1回の使用量は、1円玉くらいの大きさです。
そしてお肌の中まで浸透するように、指でやさしく塗り込みます。
1日に2回、朝と夜の使用だけでバッチリ黒ずみ対策になるので、面倒ではなくてイイですね。
塗った感じはサラサラ、しかも驚くほど伸びが良いです。
なのに長時間ずっと、しっとりとうるおい感が続きます。
ピューレパールはインナードライ肌の改善効果もあります。
お肌の中まで、奥まで浸透して、内側から肌細胞の全体をうるおします。
ワキの黒ずみ対策だけでなく、肌質改善までできるイイものです。
これだけ美肌効果がすごいので、ワキ以外の黒ずみの対策にも使うという人が多いです。
デリケートゾーンの黒ずみ対策にも効果が期待できます。
体のあちこちに塗って多く必要になると、特に定期購入コースがよくなります。
定期購入コースにすると、1回の購入につき4750円(税別)です。
通常価格より3450円(税別)も割引になります。
1ヶ月4750円で、ワキやデリケートゾーンの黒ずみがきれいに目立たなくなる!
しかも顔・体のあちこちも美肌効果!
これは定期購入して万全の黒ずみ対策をしたくなりますね。

ピューレパールの口コミ情報へ

ヴィエルホワイト公式サイト

デリケートゾーンの黒ずみの原因について

デリケートゾーンの黒ずみの原因について

デリケートゾーンの黒ずみというと病院にいけばなんとかなると思いますが、しかしながらデリケートゾーンとなると恥ずかしいという気持ちと病院にいってまでは治すことに抵抗がある人が多いと思います。
誰にも知られずに効果的な対策ができたらいいですよね。
なのでデリケートゾーンの黒ずみの原因について考えたいと思います。

皮膚の何度のかぶれによって・・・

デリケートゾーンが痒い女性

普通の皮膚のかぶれはあかみをおびたりかゆみがあっても治って皮膚の色も元通りになるのも普通ですがデリケートゾーンの場合のかぶれやかゆみは意識的に対策を行わないと治りにくいのが現状です。
肌が外にでているわけではなく下着をはいてその上からズボンやタイツなどをきたりするので皮膚に密着してどうしても乾燥しなくしめった状態が続くので治りにくいのが現状です。
そして治りかけたとしても続いてかぶれたりするので皮膚が黒ずんでいる原因となります。

おりものがでることによってのしめりからのかゆみ・・・

デリケートゾーンがおりものでかぶれた女性

女性はどうしてもホルモンのバランスによっておりものの量も違ってきます。
とくに疲れたときや体調があまりよくないときや若い人になってくると、おりものの量が増えてきます。
そして下着がしめった状態になってしまい、おりものでかぶれたりしてしまうのです。
何度も拭いたり下着をかえたりしっかりと対策できたらよいですが、家にずっといるわけでないしそんな時間はあまりなく、ろくな対策がとれないのが普通だと思います。

体のどこか悪い時にも黒ずみができることも・・・

産婦人科に行って医師に相談する様子

デリケートゾーンの黒ずみには外的要因がありますが内的要因もあります。なのでどうしても治らない場合は産婦人科に行くこともおすすめします。

デリケートゾーンの黒ずみの解消について

肌に刺激を与えない

肌に刺激を与えないサニタリー用品

女性なら生理やおりものの量に応じてナプキンやパンティーライナーを使い分けている人が多いと思います。
当たり前ですがサニタリー用品は肌に優しいものを使いましょう。
またショーツのサイズが合ってなかったりするゴムの部分がこすれて黒ずみの原因になってしまいます。
体型は日々変化していきますので、これを機に定期的に下着の見直しをして着用感を確認しましょう。
一番は何もつけないのがいいのですが日中は難しいと思うので、せめて生理以外の日は寝る前にショーツをつけないで寝てみましょう。
これだけでもかなり改善されます。

ビタミンを取る

ビタミン豊富な野菜

元々メラミン色素が多い日本人ですが予防する方法があります。
紫外線やダイエットで不足しがちなビタミンA・C・E(エース)を食事で摂っていきましょう。
チーズ・卵・緑黄色野菜などのビタミンAは熱を通しても平気なので色んな料理に使えますが、多く取りすぎると肝障害が起こる可能性があるので適量を守りましょう。
果物や葉物の野菜に多く含まれるビタミンCは水溶性で、洗いすぎると栄養素がなくなってしまうので出来れば火を通すなら短時間・出来れば生のまま摂取する事をお勧めします。
タバコを吸うとビタミンCを多く消費するので喫煙習慣のある方は多めに摂りましょう。
またナッツ・オイル・魚介類などに含まれるビタミンEは抗酸化作用があり老化対策になります。
バランスの良い食事は黒ずみだけでなく美容・健康共に効果的です。
普段自炊しなかったり忙しい方はサプリメントで食事とのバランスを摂って、体の中から黒ずみの対策をしてみましょう。

美白効果のある石鹸やクリームを使う

美白効果のある石鹸やクリームを使う

通販やドラッグストアーなどにデリケートゾーン対策専用石鹸やクリームを見かけるようになりましたね。
これだけで効果が出る方もいらっしゃいますが、長年蓄積されて出来たものはなかなか改善されません。
上記の2点にプラスして試してみてください。
専用石鹸や黒ずみ対策クリームを買うのは恥ずかしいわという方は家にある美白用のスキンケア製品で代用しても構いません。
シミの原因もメラミン色素ですので効果の出方は緩いかもしれませんが、何も対策をしないよりは効果が期待出来ます。
刺激を与えない・中からと外からの3点攻めで黒ずみをシャットアウト!
身近な物で簡単に黒ずみの対策が出来て今日から実行出来ます。
ぜひ試してみてください。

デリケートゾーンの黒ずみの予防について

下着になろうとする女性

人には聞きづらいけど、気になる!そんなデリケートゾーンの黒ずみを予防する方法を紹介します。
まず、デリケートゾーンっというのはいわゆる「あそこ」と呼ばれる、VIOラインの周辺です。
デリケートゾーンはもともと下着の摩擦や圧迫、乾燥によって黒ずみができやすいとされています。
そこで黒ずみを予防するためのおすすめの方法を紹介します。

しっかりと保湿をする

しっかりと保湿をするためのクリーム

普段の生活での刺激や摩擦によるダメージを受けているデリケートゾーンは常に乾燥しがちです。
お肌が乾燥すると、表面が固くなり、肌荒れの原因になり、更に黒ずみを悪化させます。
ボディクリームなどの保湿剤を粘膜部分以外に場所へしっかりと塗り、乾燥対策を心がけましょう。
ボディクリームがない場合は、顔につける化粧水、乳液、クリームなども代用可能ですが、化粧水単品などより、保湿性の高い黒ずみ専用対策クリームを使った方がより効果的です。

入浴時の洗い方に注意する

入浴時の洗い方に注意する

デリケートゾーンのお悩みで、黒ずみと同じくらいあるのが、「におい」です。
気になるからと、ナイロンブラシやタオルに石鹸を付けてごしごしと強く擦ってお手入れしていませんか?
デリケートゾーンには常在菌の自浄作用があり、それによって、弱酸性の状態をキープし、雑菌の繁殖を抑えています。
あまり石鹸でごしごし洗ってしまうと、常在菌を殺してしまい、逆ににおいやかゆみを引き起こすようになります。
また、ナイロンブラシなどの刺激により、黒ずみが増すこともあります。
優しく泡立てた弱酸性の石鹸で軽く洗う程度で綺麗に洗浄でき、古い角質や汚れも取り除けるので、乾燥対策として試してみてくださいね。

肌のターンオーバーを促す

肌のターンオーバーのイメージ

ターンオーバーというのは肌の生まれ変わりのサイクルのことを指します。
デリケートゾーンに限らず、肌は古細胞が剥がれ落ち、それにかわる新しい細胞が生まれることでどんどん新しくなるというサイクルを繰り返しています。
これをターンオーバーと言い、通常28日周期で行われます。(年齢や肌状態、生活スタイルなどで人によって異なります)
この肌の生まれ変わりのバランスが崩れると黒ずみが蓄積されて行ってしまうため、改善するために、バランスのいい食事や、規則正しい生活を心がけるとよいでしょう。
デリケートゾーンの黒ずみ対策を始めたい方はぜひ試してみてくださいね。

デリケートゾーンの黒ずみ体験談

服を脱ごうとする女性

デリケートゾーンの黒ずみが気になって仕方がない

デリケートゾーンの黒ずみが気になって仕方がない

肌の黒ずみは、下着や衣服の刺激でメラニンが沈着してしまった状態だそうです。
デリケートゾーンは、まさに下着があたる箇所なので、毎日刺激を与えていることになります。
こんなに黒ずんでいては、水着にもなれませんし、温泉などで裸になるのも恥ずかしく感じます。
中学生の頃、陸上部に入っていたので、ユニフォームがこすれ、人よりも黒ずみが濃いような気がしています。
無駄毛は脱毛サロンで処理できますが、黒ずみはどのように対策すればいいのか、正直分からないところでもあります。

お尻のOゾーンの黒ずみに、ショックを受けました

お尻のOゾーンの黒ずみに、ショックを受けました

お尻のOゾーンが黒ずんでいることを、たまたま発見してしまいました。
そもそも、そんなところを自分自身で見る機会は少ないと思いますが、何の気なしに見てみたらすごい黒ずんでいたんです。
初めて見た時はショックでした。
デリケートな部位なので、他の人にみられることもないと思いますが、それでもあんなに黒ずんでいる部分が自分の体にあるのかと思うと、どうにか対策をしなくてはと焦ります。
お風呂で体を洗うときにゴシゴシと擦ってみたりもしましたが、赤くなるだけでしたし、そもそも刺激を与えるのは逆効果でした。
Oゾーンは敏感肌でもありますし、あまり薬などには頼りたくありません。
黒ずみ用のクリームを塗るのにも抵抗があります。何か良い対策があれば、知りたいです。

刺激と蒸れには注意しています

刺激と蒸れには注意しています

デリケートゾーンが黒ずんでしまうと確実にコンプレックスになってしまうので日ごろから注意しています。
デリケートゾーンの黒ずみも他のゾーンと同様に摩擦による刺激が原因なので日常生活の中で出来るだけ刺激を与えないような対策をとっています。
特に気を使っているのが歩く時で早歩きをしたりするとデリケートゾーンと下着が摩擦を起こして刺激を与えてしまうので自分のペースで急がずに歩くようにしています。
また下着もあまりきついのを履かないようにして刺激を与えないように対策もしています。
刺激とともに蒸れも黒ずみの原因なので毎日入浴してしっかり洗うのはもちろんなのですが、スボンなどもゆったりしたものを履くようにしてデリケートゾーンの通気性を良くするように心掛けています。

気にし始めると気になる黒ズミ…

気にし始めると気になる黒ズミ…

デリケートゾーンって普通に生活をしているとなかなか自分でもまじまじと見るような部位ではないので気にすることは無いと思います。
しかし、私は下着から無駄毛がはみ出ていることがとても嫌でハイジニーナの脱毛をし始めた頃からデリケートゾーンの黒ずみが気になるようになってきました。
他の肌と比べると意外と色素沈着がすごくて、気にし始めると結構この黒ずみいやだな、と気にするようになってしまいました。
脱毛はまだ続けているので、まずは毛穴が目立たないようにすることを目標にしていて、且つ自分でもたっぷりと保湿をして乾燥の対策にも心がけています。
何も手を付けていなかった頃より、保湿を心掛けるようになってから少し透明感が出てきたような気がしています。

私の黒ずみでの辛い思い出

私の黒ずみでの辛い思い出

デリケートゾーンの黒ずみがエッチのし過ぎと聞くのは本当なのでしょうか。
嘘だとは言い切れませんが、私はそのような本当かもわからない噂のせいで辛い思いをしてきました。
付き合った彼氏には、エッチのときに黒ずみのある隠部を見て、こんなにやりまくっいる女と付き合いたくない。
他にも男がいるんだろ?と言われたことがあります。
昔から色が黒くて同じように隠部も黒ずみがあったのにそんなことを言われてとても辛かったです。
しかし、どれだけ擦っても取れるようなものではありません。
今の旦那さんは、そんな話をしたことがないのですが、内心思っていたらどうしよう…と思ってしまいます。
なにか対策できる用品があるのなら知りたいです。

小さな時の事故の跡が原因

小さな時の事故の跡が原因

小学校に上がる前に自分の家の前の敷地内で公園で遊んでいて、その公園の焼き場があり何も考えないままに、その焼き場の上にジャングルジムに上がる感覚で登りました。
そしたら、その焼き場の火がついているのに気づかないまま座ってしまい、それも足を広げてペタリと座りましたから股を火傷してしまいました。
股から太ももの付け根やお尻はパンツを掃いていたので直接ではありませんでしたが本当に熱くてビックリしました。
家に帰りナカナカ親に言えなくて暫くして言うと、すぐに病院に連れて行かれました。病院で見てもらうと股の付け根からデリケートゾーンあたりまで黒くなっていました。その時の跡が大人になっても黒ずんでいますが、若い時は気になるくらい黒ずんでいましたが今は少し薄くなりました。
直に見えませんが気になっていました。
今は全く分からないようになりましたから良かったですが、しっかりと対策をしてより綺麗にしたいです。

デリケートゾーンでの恥ずかしい体験

デリケートゾーンでの恥ずかしい体験

思春期に入りだしてからデリケートゾーンのムダ毛の処理などを行い始めました。そのせいで段々と黒ずみができてしまい、毎年夏になると恥ずかしい思いをしました。
海にお友達、そして当時付き合ってた彼氏と行くことが多かったのですが、スタイルを頑張ってもショートパンツをはかなければビキニを着る勇気はありませんでした。
ビキニを堂々とはける子達がとても羨ましかったです。
そして何よりもっと恥ずかしかったのは彼氏と一緒の時です。
行為に入るときは必ず電気を消さなければ嫌でした。
1度『お前黒くね?』と言われて以来恥ずかしさと悲しさでいっぱいでした。
いまでは結婚し、子供も出来、あまり気にすることはなくなりましたがそれでもやはり女性であるからにはしっかりと黒ずみ対策を行い綺麗でいたいです。
効力はまだあまり感じられませんがリーズナブルな黒ずみ対策のクリーム等をお風呂上りに塗って対処しています。

デリケートゾーンの黒ずみが治らなくて困っています

デリケートゾーンの黒ずみが治らなくて困っています

デリケートゾーンの黒ずみに気付いたのは高校生の頃ですが、下着の締めつけが原因なのか、何が原因なのか分からないのですが、黒ずんでしまっていて何とか治そうと思ってホワイトニングクリームやローションを付けてみたりはしたのですが、全く治らなくて困っています。
別に人に見える場所ではないのだけれど、夏に水着を着たりする時に、どうしても見えてしまうので、本当に恥ずかしくて嫌な思いをしています。
なので、デリケートゾーンとは言っても股の部分にファンデーションを塗って見た目だけでも分からないようにしてみたりもしましたが、あまり効果がなくて、結局黒ずんだままです。
産婦人科等に用事が有る時でも恥ずかしいので、なんとか効果的な黒ずみ対策を行えればと思います。

黒ずみを予防するためにゆっくり歩いて足の動きを遅くして摩擦を防いでいます

黒ずみを予防するためにゆっくり歩いて足の動きを遅くして摩擦を防いでいます

デリケートゾーンに黒ずみが出来てしまうのはさすがに恥ずかしいので、コンプレックスになってしまいそうなので注意しています。
デリケートゾーンの黒ずみも他のゾーンの黒ずみと同じで、摩擦による刺激が原因なのでデリケートゾーンを刺激しないように心掛けています。
特に注意しているのは歩く時にデリケートゾーンに刺激を与えないようにしています。
早歩きをしてしまうと足の動きが早くなってしまってデリケートゾーンに摩擦が起こって刺激を与えてしまいます。
そのため少しゆっくり歩くようにして足の動きも遅くする事によってデリケートゾーンに摩擦が起こらないようにしています。
それによって黒ずみが出来ないように自分で対策が出来ているので今後も継続してきます。

剃るんじゃなかったと後悔してます

剃るんじゃなかったと後悔してます

デリケートゾーンに黒ずみができてしまったのは、毛を剃ってからだと思います。
私は毛深くて、水着から毛がはみ出さないように剃りました。
ビキニが流行った時期でした。
剃ってかぶれたのか、痒くて痒くて。
ポリポリ掻いていたらだんだんカサカサになってきて、最初は赤くなってヒリヒリしていたのですが、何度も剃って、かぶれて、掻いて、荒れてを繰り返した結果、黒ずんでしまいました。
どうして剃り続けたのか、今ではとても後悔していますがその時は若かったのでとにかく毛がはみ出るほうがイヤでした。
別に無理してビキニを着る必要なかったのに、バカだったなぁ?と思います。
いったん黒くなると、もとには戻りにくいです。
昔に戻れるなら絶対剃りません。
痛いですが、抜いた方がましかもしれません。
何かいい黒ずみがあればいいのですが…。

自分でアンダーヘアの処理をしてしまった

自分でアンダーヘアの処理をしてしまった

水着を着る機会があり、アンダーヘアがどうしても気になったので自分で処理してしまいました。
最初はカミソリで処理したんですが、綺麗に処理できなかったため、通信販売で脱毛クリームを購入して処理したりもしました。
クリームだと比較的綺麗に処理できるのですが、やっぱり刺激が強いためか、肌が荒れてしまったりしました。
そんなことを繰り返していたらだんだんと黒ずみが気になり始めて、これはまずいと思い自分で処理するのをやめました。
そして結局脱毛サロンに通いました。
私にとって多額のお金はかかりましたが、どうせなら最初からサロンでやってもらうべきだったなと後悔しています。
自分で処理するのをやめてからは、徐々にですが黒ずみも気にならなくなってきました。

デリケートゾーンの黒ずみ、中々治らない!

デリケートゾーンの黒ずみ、中々治らない!

デリケートゾーンの黒ずみ・・・かなり昔から気になっています。
水着などに擦れて黒くなる、というのは知っているのですが、やっぱり見た目にも良くないし遊んでいるようにも思われちゃいそうで。。。
少し前までは、通販で怪しいジェルを買っていました(笑)よく「飲むだけで痩せる!」みたいなサプリを売っている通販です。
ピンク色のキレイなジェルで、デリケートゾーン以外にも、バストトップの黒ずみや妊娠線の対策にも効果的、というのが売り文句でした。
でもやっぱり・・・キレイにはならないですよね。
おそらく理論的には、肌の新陳代謝を促したり、美白したりする成分が入っているのだと思います。
でもそういう通販で売っているものですから、成分もそれ程良い物では無かったのかもしれません。
結局、それ以降黒ずみについては諦めています・・・。

デリケートゾーン黒ずみを防ぐために気をつけている事!

デリケートゾーン黒ずみを防ぐために気をつけている事!

前からデリケートゾーンの黒ずみが気になっていて、「黒ずみを白くする!」みたいなクリームを買った事もあったんですけど、結局効果はありませんでした。
そこで最近では、これ以上黒くならないように自分で黒ずみの対策をとっています。
まずは擦れが少なくなるような下着や生理用品を選ぶ事。
そしてこまめに保湿や美白クリームを塗る事。(もちろん顔用はもったいないのでボディ用。)最後に気になる部分の毛を剃る事です。
要するに、一番の原因は圧迫や擦れなんですよね。
だからそれを防ぐために、最終的に毛も剃ってみました。
意外とこれ快適なんです、蒸れなくて。
それからは真っ白になった訳ではないのですが、黒ずみは悪化していません。
気持ち肌色が少しだけ戻ってきているような気がします。
完璧な美白は無理かもしれませんが、気休め程度でも黒ずみの対策になればと思っています。

手入れを怠っていたことを後悔しました。

手入れを怠っていたことを後悔しました。

デリケートゾーンの黒ずみに気がついてからは、温泉で裸になるのも恥ずかしいと感じるようになりました。女同士だから良いじゃないかと思われるかもしれませんが、女同士だからこそ、手入れをしていない部分を晒すのは恥ずかしいし、嫌です。
デリケートゾーンを脱毛してから、黒ずみが気になるようになりました。
Vラインだけでなく、今までは見えなかったIラインの黒ずみも目に入るようになってしまい、これまでケアを怠っていたことを後悔しました。
黒ずみは、一度できてしまうとなかなか綺麗に戻すことは難しいです。
特にデリケートゾーンは肌も弱く、ちょっとした刺激でメラニンが生成されてしまいます。
不用意にボディクリームを塗っても、何の対策にもなりません。

人目にはつかないO部分の黒ずみ

人目にはつかないO部分の黒ずみ

なんの拍子だったのか忘れてしまいましたが、お尻のO部分の黒ずみを発見したときは、愕然としました。
しっかりと見たことがない部分だけに、ケアもしていませんでした。
それが、こんなこんな状態になっていたなんてと、感じてしまったんです。
他にも足の付け根にあたるVラインにも黒ずみはありました。
Vラインの黒ずみは、下着や細身のパンツをはいていることで摩擦がおき、黒ずみが出来てしまうことは分かっていましたが、O部分の黒ずみは予想外です。
他人には見えない箇所なのが救いではありますが、黒ずみがあると自分はわかっているのでどうにかしたいと考えています。
でも、デリケートな部分ですし、薬品を塗るのも躊躇するものがあり、どう対策をしていけばいいか悩んでいます。

下着に気を遣ってデリケートゾーンを予防しています

下着に気を遣ってデリケートゾーンを予防しています

デリケートゾーンが黒ずんでしまうとすごく不衛生に見えてしまうので注意するようにしています。
特にデリケートゾーンに刺激を与えてしまうのは下着だと思っているので下着には十分注意しています。
まず下着のサイズは自分に合ったサイズの下着を履くようにしています。
ちょうどいいサイズか少しゆとりのあるサイズにしてなるべくデリケートソーンを締め付けないようにして黒ずみが出来ないように気をつけています。
また下着の素材にもこだわるようにしています。
特にザラザラした素材の下着を履いているとデリケートゾーンがかぶれてしまうなど肌トラブルが起こってしまってそれが黒ずみに変わってしまう事もあります。
そのため肌に優しい下着を履くことで、自分なりに対策するようにしています。

デリケートゾーンの黒ずみで、おしゃれが楽しめない!

デリケートゾーンの黒ずみで、おしゃれが楽しめない!

デリケートゾーンの黒ずみで悩んでいました。
下着や水着を着たときに、黒ずみが目についてしまいます。
あまりに恥ずかしくて、いつもボクサーパンツみたいな形の1分丈の下着を身につけるようしていました。
あまりおしゃれではないし、ガードルみたいな感じかしてとても気持ちが沈みます。
下着は人目にさらすものではありませんが、自分の体に一番密着しているものです。
また、人目を気にせずにおしゃれを楽しめるものでもあります。
それが、デリケートゾーンの黒ずみで楽しめなくなるなんて、とても悲しいです。
黒ずみが沈着する前に対策をしておけば良かったのですが、友達にも相談しにくい内容なので、無知のままでした。
黒ずみが不潔に見えないかと、不安に感じています。
何かいい対策があれば知りたいものです。

温泉で気がつく、自分のデリケートゾーンの黒ずみ

温泉で気がつく、自分のデリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみは、下着や細身のパンツなどの衣類の摩擦が原因でメラニンが生成され、それが沈着している状態です。
デリケートゾーンは特に肌が弱い場所で、生理で蒸れたりする刺激によっても黒ずみは出来てしまいます。
わたしも、デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいました。
きっかけは、温泉に行ったとき、周りの人に比べてVラインの黒ずみが濃いことに気がついたんです。
当時は20代だったので、とってもショックでした。
身なりや体型にはそれなりに気をつかってきたのに、どうしてこんなことになっているのかと思ってきました。
今は、デリケートゾーン専用の黒ずみの対策クリームもありますし、手軽にケアできてとっても良いです。
デリケートゾーンの黒ずみは、下着や細身のパンツなどの衣類の摩擦が原因でメラニンが生成され、それが沈着している状態です。
デリケートゾーンは特に肌が弱い場所で、生理で蒸れたりする刺激によっても黒ずみは出来てしまいます。

参考文献

一般社団法人 日本美容外科学会 JSAPS
http://www.jsaps.com/

日本美容外科学会
http://www.jsas.or.jp/

公益社団法人日本美容医療協会
http://www.jaam.or.jp/

公益社団法人日本通信販売協会
http://www.jadma.org/

総務省
http://www.soumu.go.jp/